怒りを減らす方法


肩の力を軽くすることを得意技にしている、コーチのかぜっちです。

先日、怒りの感情を減らすにはという話をしたので、
オイラがお勧めしている方法を書いてみますね。

怒る理由

怒りを相手にぶつけると、その時は出てしまうんですけど、
後で自己嫌悪を感じたり、自分自身にとっても良い影響って少ないですよね。

そんな、怒り。
なんで、出てしますんでしょうね?

angry

怒りの理由は何点かあるかと考えます。

  • 自分の大切なものや価値観を、軽く扱われた
  • こうやって欲しいのに、相手がなかなかその通りに動いてくれない
  • 自分のやり方を、相手が認めてくれない

等々、自分の考えと、相手の行動との相違で起こることが多いと考えます。

この怒り、出さないようにしたいですか?

怒りを記録する

このような怒り、もし軽減したいと考えている場合、
オイラは記録することをお勧めしています。

記録する内容として、こんな項目を記録しましょう。
もちろん、これじゃなく、自分で記録したい内容でもOKです。

  • 日時
  • 場所
  • 相手
  • 何に対して怒ったのか
  • 今の感情感情
  • その他、気づいたこと

記録するメリット

こうやって、記録するメリットには、こんなことがあります。

 《怒りの記録として》
 記録することで、自分がどういう時、どんな相手、どんな内容で怒るのか、客観的にみる情報になります。

 《気晴らしとして》
 書くことは、有効な4つの気晴らしの中の一つ、ジャーナルになります。そういう意味で、書いていくことは、気持ちを落ち着ける整理になります。

そして見直す

そして、記録した内容は、ちゃんと見直しましょう!

数点の記録をみることで、
自分が怒りを出す特徴を探してみましょう。

そして、その特徴から、自分が何故怒るのかを洗いだします。

その後、どうすれば怒りを出さないようにするかを考えます。

その方法は…

どうやるかは、その人それぞれですので、
どうすれば良いとは言うことは難しいのですが、
こうやって記録することで、
自分の怒りが減らせるきっかけになりますよ。

ということで、自分の怒りが気になるようでしたら、
記録することをお勧めしています。



『「私たちは○○な家族」です』と宣言してもらうコーチング。
家族コーチングのお試しとしていかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です