父性を活かして家族の未来を創るコーチング

父性を活かして家族の未来を創るコーチング

家族の未来を創るコーチングは、
幸せを感じる要素の一つ「家族との関係性」にフォーカスを当てて、
家族という形で結ばれた複数の人の「いまここ」の関係性を大事にしながら、
創りたい家族を据えて、対話のセッションをするコーチングです。


家族の未来を創るコーチングでは、
家族としての価値観を共有や家族のビジョンを明確化し、
 私たちといえる関係とはどんな形だろうか?
 「私たち家族」としての未来は?
 そこに向かうためにはどうしていこうか?
といったことを、
同席している家族全員にコーチを交えての対話の中で、
進めていきます。


家族の未来を創るコーチング、
相談者となるクライアントが対象の家族全員と複数になるため、
複数人のクライアント対1人のコーチという中で、
セッションを実施していきます。

家族の未来創りのコーチングで話すテーマ

家族の未来を創るコーチングでは、家族に関わること何でもテーマになります。
主にこのようなことがテーマとしてあげられます。

  • 結婚を控えているカップルの結婚後の家庭創り。
  • 子どもが生まれてくる夫婦の関わり合い。
  • 子どもが巣立った後の夫婦生活。
  • もしもの時のための家族での話し合い。
  • 夫婦・親子の関係改善。
  • 離婚について。
コーチングのテーマ
家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせはこちらから

家族の関係性を大事にする

人の関係性の強さは、家族→友人・コミュニティ→会社という順番で広がり、
家族は、番身近で最も強い関係性で、最小のコミュニティとなります。

関係性マップ

また、ストレスという面から見ても、
仕事に関わるストレスより家族に関わるストレスの方が強度が高いのは、
家族絡みということがわかります。

家族関係のストレスTOP3

順位内容スコア
1.配偶者の死100
2.離婚73
3.夫婦別居 65

仕事関係のストレスTOP3

順位内容スコア
8.失業・解雇47
1.0退職45
15.仕事不適応39

家族との関係性は、 金額などに表すことが難しく見えるようにすることは難しいですが、
その影響はとても大きいものです。

家族との関係性は、自分という個人の幸せにも強い影響があると考えています。

家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせはこちらから

家族の未来創りのコーチング

家族の未来を創るコーチングは、家族の関係性を大事にするコーチングです。
関係性を扱うコーチングは、組織、チーム、家族等の方々、複数の人を対象とするコーチングです。

家族というのは、近くて遠い存在と言われます。
話したいことがあるのに、なかなか話せない。
そんなことはよく聞きます。本当によく。
もしかしたら、会社の同僚以上に言いたいことが言えないのかも。

なかなか言えない関係

家族の未来創りは、普段から何でも話せる関係を創る事。
どんな時でも、そういうことはありますが、
大切なときは、普段から言える関係性を作っていくこと。

普段から話ができる関係があるから、
いざというときでもちゃんと話し合うことができる。

なんでも話す関係

そして、家族という存在は、第三者が関わることが難しい関係です。
だからこそ、第三者が関わることが有効な場合も多いです。

コーチは、国際コーチ連盟(ICF)の倫理規定に基づき、
守秘義務を負って対話の場を創っていきます。

家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせはこちらから

父性を活かす

「父性」と「母性」。
母性は母親としての性質、父性は父親としての性質 と言われますが、
これらは家族だけ 父性だから父親だけというものではなく、
父親も母親も、祖父母も子どもも、誰もが持っている性質。

母性は、許容して包み込む性質、
父性は、社会的ルールや価値観を伝える性質ということもあります。

例えば、何か問題があったとき、
まず包み込み安心感を与える母性、
そして、観察し、切り離し、問題解決を図る父性、
という性質もあります。

そんな父性を活かすためには、やっぱり母性が必要。

たとえば、子供が小さい時は母性が大事、大きくなったら対応しよう。
そんなことを考えて放っておくと、いざ問題解決を図ろうとしても、
そもそも信頼されてない、関係性が創られてなかった。
だから、話をちゃんを聞いてもらえなかった。
なんてこともありえる話です。

なので、普段から
安心感に包まれる母性に守られながら、観察し自立を促す父性を活用する。

それは、安心・安全を感じながら、自立的な関わりを目指していく家族としてのバランスの取り方。

母性と父性は、家族として一緒に暮らす中でどちらも必要な性質で、とても大事。

父性と母性は両方とも大事

父性を活かすなかでは、時として厳しい面での選択をすることもあります。
そのよりどころになるのは、家族、そして個。

父性を活かすコーチングは、協調の中で個を育て家族を創ることにつながっています。

家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせはこちらから

家族の未来創りのコーチングの進め方

家族の未来創りのコーチングでは、
家族という形で結ばれた複数の人がクライアントとなります。

家族の「いまここ」の関係性を大事にするため、
クライアント全員とコーチの同席の上、進めていきます。

コーチングの流れ

①コーチングのご依頼・ご依頼内容の確認

本サイトからのお問い合わせ、メール、電話、口頭などによりご依頼をお受けいたします。
どんなことをテーマとしてコーチングを受けたいか、料金について等のやりとりを行います。

②コーチングアンケート

コーチングを受けられる方全員に、コーチングアンケートをお願いしいます。
オンラインツールを使ったアンケートで、
コーチングのテーマについて思っていること、現在の関係性などをお伺いします。
基本的に他のクライアントにお見せすることはありませんが、
本人が同意した場合、セッションの中でお見せすることがあります。

③個別インタビュー(必要に応じて)

アンケートにより個別にお話を伺った場合が良いと判断した場合や
家族と同席で受けるにはまだ早いとクライアントが感じられている場合等、
個別のインタビューという形でお話を伺わせていただきます。
対面、もしくは オンライン会議システムでの実施します。

④コーチングセッション

お話ししたいテーマに沿って、コーチングのセッションを実施します。
同席されるご家族の〝いまここ 〟の関係性を反映したり、
立ち止まっていることについて、その訳を伺ったり、
家族の関係性を 〝いまここ 〟の関係性 を大事にしながら
テーマに向けてのセッションを実施します。
対面、もしくはオンライン会議システムを利用し、
1.5~2時間を予定しています。

⑤セッションを複数回する場合

通常3回程度のセッションを予定していますが、
それでも家族通しの納得解が得られない場合など、
セッションを重ねていきます。

通常の3回セッションの流れを例にすると、
このような流れをとる場合もあります。

①テーマについてのそれぞれのお話を伺い、
 現在の家族の関係性をあきらかにしていきます。
②テーマにそっての具体的な行動案について
 コーチが交じりつつ、家族全員で話し合っていきます。
③前回のセッションからのふり返り、
 未来へ向けての家族関係性の確認や
 目標設定、家族全員での約束決めといった
 未来に向けてのことを話し合っていきます。

コーチングの流れ
コーチングの流れ

家族の未来創りのコーチングでは、家族という複数の人をクライアントとしますが、
個人向けパーソナルコーチングとして、個人の考えている家族関係をテーマに

コーチングすることも可能です。

家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせはこちらから

コーチの紹介

かぜはれ けいいち

父性も活かす家族の未来創りのコーチングを提供しています。
幸せな家族をたくさん見たいという気持ちと共に、
一番身近な家族という関係から生まれる力強さを持って社会と関わる応援をしています。

家族の関係性に関わる未来創りとしてのコーチング、
家族の住居としてのコレクティブハウス、
家族をサポートする仕組みとして家族会
に興味をもって活動しています。

《家族について考える》
https://note.com/think_family

開催ワークショップ

  • コーアクティブ会話術・思考術
  • コーチング体験会
  • 育自のための小さな魔法
  • 本当の仕事ワークショップ
  • チームを壊す四毒素に気づくワークショップ
  • 身近な関係性に気づくワークショップ
  • 街歩きワークショップ
  • 子供のリーダーシップ発見ワークショップ

過去に開催したワークショップ等はこちらで参照できます。

資格等

  • 認定 組織と関係性のためのシステムコーチ (ORSCC)
  • 認定 プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ (CPCC)
  • 認定 ポジティブ心理学コーチ (CPPC)
  • 認定 ワークショップ・デザイナー・マスタークラス

はるねきとは

はるねき は漢字では 晴音記 と書きます。
自分にとっての気持ちが【晴】になったとき、どんな【音】が【聞】こえてくるでしょうか。
そのときの物語を一緒に記していきたい。そんな願いから名付けました。

家族の未来創りのコーチングのご依頼・お問い合わせ