関係性・コーチング®とは、
(正式名:組織と関係性のためのシステム・コーチング®)
 
 
人と人との関係性(=有機的システム)に注目し、
その関係性にアプローチしてコーチングする
一つの手法である。

orsc_think_01
 
家族、兄弟、親子などの身近な関係性や、
組織、チームなどの目的を有する団体の関係性など
複数の人の関係性にアプローチする。
 
 
システム・コーチングを進めていく中では、
 
自分と自分の目指す“何か”との関係性、
自分とパートナー、そして二人で目指す“何か”との関係性、
自分とチームメンバー、そしてチーム の目指す“何か”との関係性、
 
その様な多様な人々や、その人々と“何か”との関係性に着目していく。
 
(※) 「何か」仕事の成果、目標といったものや、お金、試験合格等々

orsc_think_02
 
システム・コーチングでは、
疑似的な“ワーク” と呼ばれる体験と
コーチングという枠組み
その組み合わせが基本的な形となる。

ワークには、

自分の内面へ働きかける“インナーワーク”
二人で行う“ペアワーク”
複数の人で行う“グループワーク”
などがある。
 
orsc_think_03
 
このワークの中では、
頭による思考のだけではなく、
体の動きや、肌感覚、イメージ、そして周りの雰囲気。
多くのリソースを使い、自分の体に起こっていることを感じ、
それを言葉にしてもらいながら、進めていく。
 
コーチングは、ワークの最中や、ワークが終わってからも行われ、
そこに関わる人々の気持ちやニーズ、願いを
そこに関わる人々 の身体全体、そして場全体から引き出していく。
 
そういうことを繰り返しながら、
その関係性としての行動を創り上げていく。

park-192348_640 
 
そんな、ワークとコーチングが組み合わされた手法が
「組織と関係性のためのシステム・コーチング」である。
 
“ワーク”という疑似的な体験を、コーチングを受けながらすることで、
自分の気持ちを感じ、普段考えないような知恵が生まれ、
それが、その関係性としての行動につながっていくことでしょう。

どうぞ、試してみてください。

change-948020_640


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA