参加型リーダーシップを体験しませんか?


boat-606187_400

Art of Hosting は、「参加型リーダーシップを学ぶ場」と言われています。
ここで表されている「参加型リーダシップ」とはどういうことなんでしょうか?

そんな「参加型リーダーシップ」について、書き出しました。

『Art of Hosting (AoH) Nagatoro 2015』については、こちらをご覧下さい。
http://aohj.vision/

お申し込みはこちらです。
http://peatix.com/event/67728

自分自身、2015/5/3~6に日本で行われる Art of Hosting (AoH)、
Art of Hosting (AoH) Nagatoro 2015 の ホスティングチームとして活動しています。

ホスティングチームって何だろうな? って感じに思われるかもしれませんが、
簡単にいうと、Art of Hosting の 場を ホストとしておもてなししたり、
その他各種役割をもった、スタッフ的な人達の集まりです。

と言いつつも、今回自分の所属しているのは、“Joyチーム” という、
非言語で盛り上げよう! というチームのメンバーということもあり、
開催直前まで、チームメンバーとの関係性作りといった活動をメインで行っています。

そんなことはさておき、

繰り返しますが、この Art of Hosting は、
「参加型リーダーシップを学ぶ場」と言われています。
この「参加型リーダシップ」について、書き出してみました。

「参加型リーダーシップ」とは?

最初にあげてしまいます。
「参加型リーダーシップ」は、コンティジェンシー理論の中にある、
リーダーシップの分類の一つです。

簡単に(自分の言葉で)まとめると、この四種類ですね。

指示型リーダーシップ
達成のための道筋を指示する。
支援型リーダーシップ
メンバーが作業しやすいようにサポートする。
参加型リーダーシップ
メンバーの意見を吸い上げながら進める。
達成志向型リーダーシップ
メンバーの達成欲に賭ける。

参考までに、「コンティジェンシー理論」とは、
唯一最適なリーダーシップ・スタイルというものは存在せず、
集団の特性や集団が直面している状況に応じて、
望ましいリーダーシップのスタイルは異なる。

という理論の事で、グループの成長段階により、
リーダーの関わり方が異なるということを表した理論ですね。

contingency-theory

なぜ「参加型リーダーシップ」なのか?

なぜ「参加型リーダーシップ」なのでしょうか?

他の三つのリーダシップタイプが重要ではない。
ということは、もちろん無いですよね。
他の三つも、それぞれ大事なリーダーとしての関わり方です。

では、なぜなんでしょうか?

そこで、ちょっと、考え方を変えてみます。

コンティジェンシー理論の図を元に、
 “共労的行動” を “チームワーク”
 “指示的行動” を “業務スキル”
と言葉を換えてみました。

contingency-theory_mod

こうすると見えてくるのが、
チームワークが高く、業務スキルが高いチームに対して、
どのようなリーダシップをとっていくのか?

その答えとなるのが、「参加型リーダーシップ」なのではないでしょうか。

その裏には、
チームワークが高く、業務スキルが高いチームを、
どうやって作っていくのか?

そんな問いか隠されている気がします。

まとめると、こういうことなのではないでしょうか?

「参加型リーダシップを学ぶ」ことは、
「参加型リーダシップ」実施するチームを作る方法を学ぶ
ことにつながる。

そして、その場として、「Art of Hosting」があります。

Art of Hosting で学ぶ「参加型リーダシップ」

最初に書きましたが、
Art of Hosting は「参加型リーダシップ」を学ぶ場です。

その、Art of Hosting では、対話をとても大事にしています。

ワールド・カフェ(WC) や オープン・スペース・テクノロジー(OST)といった、
対話の手法をホスト(※)として作り、または参加しながら、学んでいきます。

(※)対話の場をホストするには、「ホスティング・チャンス」と呼ばれる
  プログラムの中で、チャンスを取る必要があります。

Art of Hosting は、三泊四日という合宿形式の中で、
そこで初めて顔を合わせた参加者と一緒に、
色々な事を話し、挑戦し、学んで行く場です。

そこを出発点として、
他の参加者から多くのアイディアを引き出し、
自分のアイディアと組み合わせながら、
実際の現場で一緒に活動する仲間を見つけ、
新しいチャレンジを開始する場です。

このArt of Hosting での取り組みが、
実際の現場で、他の人からの意見を引き出し、
自分の意見と組み合わせ、行動を進めていく。
「参加型リーダーシップ」を発揮していくことに、
つながっていくことでしょう。

Art of Hosting は、滅多に開催される場ではありません、
今回は、折角の機会ですので、
是非、参加して欲しいと思います。

『Art of Hosting (AoH) Nagatoro 2015』
http://aohj.vision/

お申し込み
http://peatix.com/event/67728

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です